postheadericon 予備校へ行く

塾や予備校に通って中学受験に合格しませんか?とっておきのところをのせておくのでぜひ受験生の方はチェックしてみてください。

医者になりたいあなたは医学部受験を控えてますね。塾や予備校でしっかり勉強して、胸を張って合格しましょう!

大学に通う、ということは、今ではもうまったく珍しいことではなくなっていて、多くの人が高校卒業後の進路として進学を選んでいることと思います。
僕もそうでしたし、僕の弟もそうでした。
僕が行ったところは地方のしがない芸術系の大学でしたが、弟は1年ガンバったあと、医学部に行きました。

「医学部に行きました。」と、何だか軽く書いちゃいましたけど、身内のことながらコレっていうのは結構スゴいことですね。兄としては単純に、びっくりしてるわけです。
何しろ医学部といえば日本の教育機関の中でもサイコーに難しいとされてるところではありませんか。お医者さんといえば世界でもっとも難しく複雑で、厳密な正確さとか、深い知識とかが求められるお仕事ですから。
お医者さんの処置ひとつで人の健康が左右されてしまうわけですから、その仕事に就くというのはやはり、スゴいことですよ。

弟ばっかり褒めていてもしょうがないので、彼をそこまで導いてくれたものについて、話をしてみたいと思います。
実際、僕にとって興味があるのはそっちで、小さい頃はあんなに泣き虫だった弟がなぜ、難関中の難関と言われる医学部なんていうところに合格できたのか――そこには何か、スゴい秘密が隠されてるような気がしてるんですよ。
彼が選んだ、大学受験までの勉強法というのは――「1年ガンバった」その中身というのは、予備校に通うことでした。
ということを知ったとき、この予備校というやつに「秘密」が隠されているんだな、と僕にはピンと来たのです。その仕事に就くまでが難しく、門を開くまでの道筋がまた険しい医学部受験への道。
予備校というのはその道を、どのように整え、彼を導いてくれたのか――ということを、ここでは考えたいと思います。

カレンダー
2014年8月
     
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031